商売人の家系

同じような形態のお店を開店したい誰かの役に立てばと思い、開店するまでの日々を綴っていきます。

事業の計画から、物件探し、お金の話などなど
思い出しながら少しずつ話していきますね。

ってまだお店も開店しとりませんので
こんなやつもおるんやくらいで見てってください(笑)

まずは自己紹介。

はじめまして。
量り売り商店ポコムーチョの店長
もときと申します。

そもそも何で店始めるん?

小学生の頃に遡ります。

実家が福岡の山の中で客商売を営んでいたこともあり、
常に周辺にはお客様やパートさんがいる環境で育ちました。

観光地でしたので、週末には露店を出店して
よくサービスエリアなんかにある「魚の塩焼き」や「焼き団子」を家族に付いて売っていました。

時には桜に扮して、「おいしいよ〜!」と叫びながら食べたり、大人が寅さんのような口上で次々に売っていく空間が楽しかった思い出があります。

自営業の多い集落だったため、いつかは自分も客商売始めるやろうな〜ぐらいに思っとった記憶があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です